for文

for文は反復構造を定義する仕組みです。for文はwhile文に必要となる処理をシンプルに表現したもので、以下の構文に従います。

for (1.初期化処理; 2.条件式; 3.増分処理) {
    // 条件が成立した場合に実行する処理
}

for文はwhile文と異なり()の中をセミコロン;で区切って3つ処理を記述します。さきほどのloop2.phpをfor文で置き換えてみましょう。次のプログラム(loop4.php)を作成します。

<?php
$names = ["Andy", "Betty", "Carol"];

for ($i = 0; $i < 3; $i++) {
    echo "Hello ";
    echo $names[$i] . PHP_EOL;
}

for文の()の中に初期化処理として$i = 0、条件式として$i < 3、増分処理として$i++を記述しています。プログラムを実行してみましょう。

$ php loop4.php
Hello Andy
Hello Betty
Hello Carol

結果も正しく出力されているのがわかります。


前へ 次へ