if文の応用

これまでのまとめとして次のプログラム(choice4.php)を作成してみましょう。

<?php
$names = ["Andy", "Betty", "Carol"];

for ($i = 0; $i < 3; $i++) {
    if ($names[$i] != "Andy") {
        echo "Hello ";
        echo $names[$i] . PHP_EOL;
    }
}

これまでに学習してきた配列、反復構造、制御構造を組み合わせたものです。配列は要素番号の指定に変数$iを使います。変数$ifor文によって02まで動作します。for文の処理{}の中でif文を使って配列の要素$names[$i]"Andy"でないかどうか確認しています。

作成したプログラムを実行してみましょう。

$ php choice3.php
Betty
Carol

3人の名前のうち"Andy"を除く"Betty""Carol"が出力されているのがわかります。

おすすめ書籍

タイトルのとおり、PHPの言語仕様からオブジェクト指向プログラミング、フレームワークの考え方、セキュリティまで網羅的に学べます。PHPの名著です。

パーフェクトPHP
著者:小川雄大 (著), 柄沢聡太郎 (著), 橋口誠 (著)
フォーマット: Kindle版
ファイルサイズ: 114551 KB
推定ページ数: 593 ページ
出版社: 技術評論社 (2014/10/31)

前へ | 次へ