PHP - BASIC - 10. PHPの配列を扱う関数 - 4. array_sum関数

array_sum 関数は配列の要素の合計を計算する関数です。次のプログラム( arr3.php )を作成してみましょう。

<?php
$array = [10, 20, 30];
$sum = array_sum($array);
echo $sum . PHP_EOL;

array_sum 関数は引数に、計算対象となる配列を指定します。上記の場合は引数に $array を指定しているので、 $array に代入されている [10, 20, 30] の合計値である 60array_sum 関数の戻り値として返却されます。またここでは戻り値を受け取るために $sum 変数を用意しています。最後に変数 $reversed_array には配列が代入されるので print_r 関数で出力しています。

それでは作成したプログラムを実行してみましょう。ターミナルから次のように実行します。

$ php arr3.php
60

実行結果から [10, 20, 30] の合計値である 60 が出力されているのがわかります。

まとめ

  • array_sum — 配列の中の値の合計を計算する
  • 引数
    • 計算対象となる配列
  • 戻り値
    • 要素の値の合計値