PHP - BASIC - 3. PHPの演算子 - 3. 加算子/減算子

続いて加算子 ++ と減算子 -- について見ていきましょう。まずは加算子 ++ を扱うプログラムです。次のプログラム( ope4.php )を作成してみましょう。

<?php
$age = 20;
$age++;
echo $age; #=> 21

上記のプログラムを実行すると 21 という結果が出力されます。加算子 ++ は変数の値を 1 増やすための演算子で $age = $age + 1 と同じように動作します。プログラミングをしていると後で学習する繰り返し処理( for 文)や配列の取り扱いなど、変数の値を 1 増やしたいというケースは頻繁に発生します。このようなケースで加算子 ++ を使うとプログラムをシンプルに表現できます。

同様に減算子 -- を扱うプログラムも見てみましょう。先ほどのプログラム( ope4.php )を次のように修正してみましょう。

<?php
$age = 20;
$age--;
echo $age; #=> 19

上記のプログラムを実行すると 19 という結果が出力されます。減算子 -- は変数の値を 1 増やすための演算子で $age = $age - 1 と同じように動作します。

加算子 ++ はインクリメント、減算子 -- はデクリメントと呼ぶこともあります。

まとめ

  • 加算子 ++ は変数の値を 1 増やす
  • 減算子 -- は変数の値を 1 減らす
  • ++ のことをインクリメント、 -- のことをデクリメントと呼ぶ