PHP - BASIC - 2. PHPの変数 - 5. データ型

続いて変数に格納するデータについて学習していきましょう。テキストエディタを開いて次のプログラム( var6.php )を作成してみましょう。

<?php
$name = "Andy";
$age = 20;
echo "NAME:" . $name; # => NAME:Andy
echo "AGE:" . $age; #=> AGE:20

ここでは変数 $name には "Andy"$age には 20 が代入されています。注意したいのはダブルクォーテーション " の有無についてです。 "Andy" には "" が付いていますが、 20 には "" が付いていません。

データ型の種類

PHPで扱うデータには型があります。これをデータ型と呼びます。PHPには文字列を扱うデータ型、整数を扱うデータ型など、いくつかのデータ型が定義されています。まずは主要なデータ型の一覧を確認しておきましょう。

データ型名 データ型名 使用例
整数型 intger, int $price = 1000;
$discount = -100
浮動小数点数型 float, double $pi = 3.14;
$tax = 1.10;
文字列型 string $message = "Hello ";
$name = 'Andy';
論理型 boolean, bool $student = true;
$student = false;
配列型 array $names = ["Andy", "Betty", "Carol"];
リソース型 resource $handle = fopen("names.csv", "r");
NULL型 null $empty = null;

他にも Iterable 、オブジェクト、コールバックといった型も存在します。これらについては本講座では取り扱いません。

上記の表にあるとおり、PHPには多くのデータ型が定義されています。ここではまず整数型、浮動小数点数型、文字列型、論理型の4つを順に見ていきましょう。配列型、リソース型、NULL型は後の章で解説します。

まとめ

  • PHPで扱うデータにはいくつかの種類がある
  • データの種類のことをデータ型と呼ぶ
  • まずは整数型、浮動小数点数型、文字列型、論理型を覚える